ホーム » 酵素の力 » 生酵素は、酵素よりも効果の大きさと多様性に優れる

生酵素は、酵素よりも効果の大きさと多様性に優れる

読了までの目安時間:約 2分

生酵素には主な効果として代謝促進効果、肌の健康維持効果、そして胃もたれを解消する効果を持っています。また、生という字が入っているだけあり加熱されていない生の酵素であることが特長となっています。

対して、普通の酵素は主に3種類の酵素に分かれています。食べたものを消化する消化酵素、エネルギーを体の中で動かすための代謝酵素、発酵食品に含まれていて消化酵素をサポートする食品酵素です。

この3つの特徴を見比べた時、思いのほか生酵素と通常の酵素の違いに差がないことが分かります。実は効果としては生酵素と通常の酵素でそれほど違いは見られません。生酵素と通常の酵素の違いは効果ではなく、その効果の大きさに違いがあります。

生酵素は上記の通り、加熱処理がされていません。対して通常の酵素は加熱処理がされており加熱によって栄養素がいくつか消失しています。つまり、栄養価が生酵素のほうがあるということなのです。

また、生酵素は3種類ある酵素のすべての役割を担うことが出来ます。特に消化酵素と代謝酵素は人体の中にしかなく外からの摂取が困難な酵素となっており、通常の酵素では体外摂取で賄うことのできない酵素も生酵素であれば補うことが出来るのです。

加熱処理によって栄養素が減ってしまい、食物酵素しか体外から取り入れることができない通常の酵素に比べ、摂取できる栄養素の高さと補える効果の多様さが生酵素の魅力であり効果の違いとなっています。

 

この記事に関連する記事一覧

生酵素について
カテゴリ
最新の投稿